審査内容

出願した商標が登録できるかどうかの審査は、特許庁の審査官によって行われます。

商標法では、下記の拒絶理由がない場合には、
登録査定をしなければならない旨が定められています。

第15条(拒絶の査定)  
審査官は、商標登録出願が次の各号のいずれかに該当するときは、その商標登録出願について拒絶をすべき旨の査定をしなければならない。

一  その商標登録出願に係る商標が3条、4条1項、7条の2第1項、8条2項若しくは5項、51条2項(52条の2第2項において準用する場合を含む。)、53条2項又は77条3項において準用する特許法25条の規定により商標登録をすることができないものであるとき。
二  その商標登録出願に係る商標が条約の規定により商標登録をすることができないものであるとき。
三  その商標登録出願が5条5項又は6条1項若しくは2項に規定する要件を満たしていないとき。

主な拒絶理由は、

・3条1項柱書の使用意思がない場合
・3条1項各号の識別力のない場合
・4条1項11号の既に同じような登録がある場合

などが挙げられます。
3条1項各号の識別力のないものについて詳しく書かれているサイトを紹介します。
check!!! >>>>>>> 商標の識別力

これらの拒絶理由が発見された場合には、審査官は、出願人に拒絶理由を通知して、相当の期間を指定して、意見書を提出する機会を与えなければならなりません。

拒絶理由が通知された出願人は、意見書を提出して拒絶理由に反論するか、
または補正書を提出して拒絶理由を解消します。

3条1項柱書の使用意思については、現在使用していなくとも、
近い将来使用する場合であれば大丈夫です。
目安としては、登録から3年以内ぐらいに使用する予定があれば大丈夫です。
登録から3年以上使用していない場合は、取り消されることもあります。
こちらのサイトに「不使用取消審判について」詳しく書かれています。
check!!! >>>>>>> 使用していない登録商標

Copyright(c) 2014 女性のための商標登録 All Rights Reserved.